チャットレディの副業をするメリットと注意点やデメリット

チャットレディの副業をするメリットと注意点やデメリット チャットレディに関するアドバイス

「チャットレディに興味があるんだけど怪しくない?」
「ノンアダルトもあるって聞いているけど他にデメリットはあるの?」

若い女性の稼げる副業として人気が出ているチャットレディ。女性が男性ユーザーとチャットや電話をすることでお金が貰える仕事です。
しかし、その手軽さからメリットを感じる反面、怪しいと感じる方も少なくありません。

そこで私がチャットレディの副業をして感じたメリットやデメリットをそれぞれ紹介したいと思います。
これからチャットレディの仕事をしたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください!

チャットレディの副業をするメリット

  • 自分の好きな時間や場所で働ける
  • 男性に直接会う必要はない
  • 資格や特殊なスキルは必要ない
  • 高収入が期待できる
  • アダルトかノンアダルトかは選択可能

自分の好きな時間や場所で働ける

チャットレディは最近注目されている人気の副業です。なぜなら、会社に所属するだけで後は自宅や外出先など好きな時間や場所で働けるというメリットがあります。
中には通勤型のところもありますが、基本的には在宅で仕事をすることが多いためインターネット接続環境があれば好きなように働けるのです。

そのため、特に予定がなくお小遣い稼ぎのために1時間、というような形でスキマ時間を上手く利用することも可能です。

反対に、本業が忙しくチャットレディの仕事が疎かになってしまっても基本的には問題ありません。
ただし、利用する会社によっては細かな規定が設けられている場合もありますので始める際にはしっかりと確認をすることが大切です。

男性に直接会う必要はない

中には通勤型で働けば、男性と直接会わなければならず不安と感じている人が多いと言われています。ところがチャットレディの仕事はあくまでもチャットで、在宅ならば誰にも会う必要はありません。
また、通勤型でも他のレディなどと顔を合わせる可能性もありますがチャット相手と会うことはないのです。

チャットレディに連絡先を教え直接会うことで犯罪に巻き込まれたという事件も続いているため、最近では会社側の監視や調査も積極的に行われています。

仮にレディ側が相手と会いたいと思って、連絡先を交換するようなことが会社に分かってしまうとアカウント停止などの処分が下され、二度とそこでは副業ができなくなってしまいますので注意が必要です。

資格や特殊なスキルは必要ない

チャットレディの仕事は、簡単に言えばテレビ電話で男性とチャットをしながら会話を楽しむというものですので、これと言って特別な資格やスキルは必要ありません。
相手を楽しませるなどのコミュニケーション能力は求められますが、パソコンが苦手でも全く問題ないのです。

在宅でチャットをしていて途中で接続が切れてしまっても、24時間サポートに対応しているところも少なくないため気軽に始められます。

もちろん、犯罪に巻き込まれるのではという危機意識を持つことは必要ですが自分には語彙力も技能も何も持っていないから不安だと感じている人でも、始めている人は多くいます。
事実、資格やスキルがなくても稼げる副業として注目されているのです。

高収入が期待できる

チャットレディの仕事は、基本的には一分当たりいくらという計算です。
そのため、男性に人気のあるレディの場合月に数十万円稼げることも少なくありません。

普通にチャットをするだけでももちろん稼げますが、サイトごとに行われるキャンペーンではより高収入が期待できます。
レディの報酬は変わらないものの、男性の利用料金が半額になることで利用者が増加するのです。単純に、利用者が増えるだけ時給も増加していきます。

初めは稼げるようになるまで時間がかかると言われていますが、経験を積むことでどのように会話をすれば良いか分かるようになり評判が評判を呼んで一分でも長くこのレディと話をしていたい、と思ってもらえれば高収入の可能性が格段にアップします。

アダルトかノンアダルトかは選択可能

アダルトの方が高収入が期待できます。なぜなら、それ目的でチャットを利用する男性が多いと言われているからです。
しかし、どうしても抵抗がある人も多くそのためアダルトかノンアダルトかを選択できるケースが多くなりました。

運営側は前者の方が利益も大きくなるため、アダルト希望の女性を採用する傾向にあります。
ところがアダルト希望の女性が少なくなってきていることもあり、ノンアダルトを積極的に採用しているのです。

チャットレディを利用する場合、必ず事前に面接を行いますがその中で両者を選択できるかどうかを忘れずに確認することが大切です。
中には、脱ぐことを知らされず採用されいざチャットを始める時に脱ぐことを強要されるケースもあるため注意が必要です。

チャットレディの副業をする注意点

  • 成果報酬なので収入は不安定
  • ノンアダルトだが多少の耐性は必要
  • 家族と同居中の場合は電話をしにくい
  • 人には言いにくい仕事
  • 確定申告は忘れずに

成果報酬なので収入は不安定

チャットレディのお仕事は通常、成果報酬型となっています。時給制を採用している事務所も全く無いわけではありませんが、数が少なく在宅勤務に対応していないところがほとんどです。
副業としてチャットレディを行う場合、在宅勤務を選ぶ方が多いと思います。

在宅勤務が可能な事務所は歩合制となっており、チャットをした時間分だけ報酬を得ることができます。
必ず毎月一定のお給料がもらえるというわけではないため、注意が必要です。

安定性には欠けますが、たくさん仕事をすれば高額報酬を得ることも可能となります。毎月しっかりと稼ぐためには、待機時間をなるべく減らす工夫が大切です。待機時間を減らして仕事の効率を上げれば、ある程度安定した収入を得ることができるでしょう。

ノンアダルトだが多少の耐性は必要

チャットを利用する男性には、様々なタイプの方がいます。ノンアダルトであっても、ある程度アダルトなサービスや会話を求めてくる可能性があるため、多少の耐性が必要となるでしょう。

チャットレディのお客がもっとも多くなる時間帯は、夜の9時あたりから翌日の午前2時頃までと言われています。お仕事を終えて自宅に帰ってから、ゆっくりとチャットを楽しむという男性が多いのです。
深夜帯となりますので、少しばかり羽目を外して、アダルトな会話を楽しみたいという男性も少なくありません。

ノンアダルトの場合、セクシーなパフォーマンスなどを行う必要はないといえますが、収入アップを目指すなら、ある程度期待に応えてあげる必要があるかもしれません。

家族と同居中の場合は電話をしにくい

チャットレディのお仕事は深夜帯がメインとなりやすく、昼間は男性客の数が少なくなる傾向です。
このため、家族と同居している方にとっては働きにくい部分があるかもしれません。

メールレディとは異なり電話を通じたコミュニケーションを行うため、音が漏れてしまい家族に聞かれてしまうリスクがあります。
「完全に家族に秘密にしながらチャットレディのお仕事をする」というのは難しいかもしれません。

一人暮らしの方や、家族が夜勤などで働いており深夜は一人になるという方なら、問題なく仕事をすることができます。
家族と同居している場合は、通勤ルームを備えた事務所を利用するか、昼間をメインにして仕事をする、といった形になるでしょう。

人には言いにくい仕事

人気のあるチャットレディの中には、月収100万円近く稼いでいる、という人も少なくありません。
たっぷり稼ぐようになれば、友人などからどんな副業をしているのか、と聞かれることも多くなるでしょう。

ノンアダルトであっても、チャットレディの仕事をしている、と話すのにはやや抵抗を感じてしまうものです。
理解のある相手なら良いですが、誤解されてしまったり、悪いイメージをもたれてしまう可能性もないとはいえません。

やや人には言いにくい仕事ですので、収入について聞かれたときにどう答えるか、という点を事前に考えておいたほうが安心です。

確定申告は忘れずに

チャットレディは気軽に始めることができる副業であり、未経験の方でも努力次第で大きな報酬が期待できます。
一定以上の金額を稼ぐようになったら、確定申告を忘れずに行いましょう。

面倒だからといって無申告のまま過ごしていると、税務調査が入った際、追尾課税や罰金などを支払う必要が出てくる可能性もあります

家族には秘密にしていたのに、税務調査が入った結果バレてしまった、そんなケースもあるといいます。
結婚をしており夫の扶養に入っているという方は、とくに注意が必要です。事前にきちんと確定申告を行なっておけば、そうしたトラブルを避けることができます。

どう申告をしていいかわからない、そんな場合は税理士事務所に相談をしましょう。

デメリットをしっかり理解して利用しよう

チャットレディにもデメリットはありますが、高単価の仕事のため普通のアルバイトや副業に比べるとかなり魅力的です。
安心して利用するためにも事前にしっかりとデメリット部分を理解しておくことが大切です!

また、メリットデメリットも利用するチャットレディサイトによっては若干変わってくるため、そちらの確認も忘れずに!

タイトルとURLをコピーしました